結露対策の窓ガラス交換は、ガラス屋にお願いした方が良い?!

結露で様々なトラブル発生?! ガラス屋に聞いた「結露の危険性」

DIYよりガラス屋に頼んで交換した方が効率的!

ガラス

自分で窓ガラスの交換を行なう場合は、怪我やガラスなどの破損が起きる恐れがあります。安全・確実にガラスを交換したいという人、結露防止の効果を確実に得たいという人はガラス屋を利用した方が良いでしょう。ここでは、ガラス屋を利用する際の流れを見ていきます。

窓ガラス交換をガラス屋に依頼した人たち

DIYでやるより業者に最初から任せておけば良かった(40代/男性)

サッシの状態をあまり確認せずに新しいガラスのみを購入して、自分で作業をはじめました。サッシからガラスを外そうとしたときに、ある問題点に気付きました。サッシに歪みがあり、ガラスがなかなか抜けないのです。やむを得ず、業者に相談しました。サッシ込みの料金を知ってショックでした。想像していたよりも安かったのです。最初から業者に任せておけば良かったです。

直ぐに対応してくれました(30代/女性)

結露がよく起こっていた窓ガラスが、ある日突然割れてしまいました。ガムテープで補強しようかと思ったのですが、不衛生だと感じガラス屋に相談したのです。電話でおよその料金を聞くと結構安かったので、早速ガラス交換をお願いしました。翌日、作業担当者が窓の採寸を行ない、結露防止機能の付いた新しいガラスを直ぐに取り付けてくれました。迅速な対応に感謝です。ガラス交換後は結露が付かなくなり、室温も快適になりました。

結露問題を解決してくれる提案をしてくれる

窓ガラスだけを交換する
サッシ部分に劣化などの問題がなければ、ガラス部分だけを交換してもらえます。結露対策で大切なことは、ガラスやサッシ部分からの熱移動を防ぐことです。サッシやパッキンに問題があればガラスと併せて交換する必要があります。
内窓を取り付ける
内窓は「インナーサッシ」や「二重窓」とも呼ばれています。窓が二重になる分手間は掛かりますが、窓周りを全てカバーできます。結露対策の効果も実感しやすいでしょう。また、窓枠の隙間風邪や窓本体から伝わる冷気も防げます。
窓を全部取り換える
窓全部を取り換えるため大掛かりな作業になります。そのため、利用者は全体のおよそ1割です。こちらも内窓を取り付ける場合と同じく、結露対策と併せて冷気対策もしっかりと行なえます。ガラスだけでなくサッシにも劣化が見られる場合に利用すると良いでしょう。
TOPボタン