ガラス屋利用の前に!~自分で窓を交換する方法~

結露で様々なトラブル発生?! ガラス屋に聞いた「結露の危険性」

結露トラブルを解決~DIYで窓交換をしてみよう~

ガラス屋を利用する前に、素人でもガラスを交換できるなら自分でやりたいという人は少なくないでしょう。DIYが得意な人が増えているので、ガラス交換の流れを知っておくと良いかも知れません。

窓ガラス交換を行なう手順

窓枠からサッシを取り外す

作業をはじめる前に、作業場所の下部にダンボールや絨毯を敷いて、床やサッシに傷が付かないようにすることが大事です。次に窓枠から窓ガラスをサッシごと取り外します。サッシを上に持ち上げて、斜め下に引き抜く感じで行ないます。足元に落とさないように慎重に行ないましょう。

ガラスとサッシを外す

サッシの横にはキャップが2つ付いています。上のキャップを外して、穴の奥にあるネジを回せばサッシがはずれます。ドライバーを使って左右のネジを外しましょう。左右のネジが外れたら、サッシを引き抜くようにガラスと離します。

ガラスの入れ替えとサッシの組み立て

サッシは4辺ある内の1辺だけを外して、新しいガラスに交換しましょう。ガラス交換が終われば、再びサッシを組み立てて窓枠に戻します。サッシを外したときとは逆の手順で作業を行ないます。このときも、ガラスに傷が付かないように丁寧に行ないましょう。

交換の前にガラス屋に依頼すると金額は大体どのくらい掛かる?

ガラス屋に窓ガラス交換を任せた場合の料金相場は?

通常のガラスでの修理・交換に掛かる一般的な費用は、およそ1万円~5万円になります。透明ガラスの場合は0.5万円~1.8万円、くもりガラスだと1.4万円~3万円、ペアガラスだと1.8万円~3.5万円、強化ガラスでは2.5万円~5万円です。実際の状況や必要経費、業者によっても費用には幅があるため、事前に確認しましょう。キャンペーンを行なっているガラス屋を利用すれば費用をいくらか抑えられますが、複数の窓を依頼した場合も安くなることがあります。値段ではなく品質やサービス面で信頼できる業者を選ぶことが、結露予防の効果を得るためには大事です。

TOPボタン